2-1 法定相続分 >>

 

 

    文字サイズ変更

  • 小サイズ
  • 中サイズ
  • 大サイズ

1-1 死亡時の届出

 

(1)死亡届の提出
親族の方が亡くなったときは、死亡の事実を知った日から7日以内に、市区町村役場に死亡届を提出する必要があります。
病院や市町村役場に備え付けられている一般的な死亡届は、一枚の紙に死亡届と死亡診断書が左右に並べて記載されています。死亡届の提出前に、医師に死亡診断書又は死体検案書を書いてもらう必要があります。
死亡届の提出は、同居の親族等が行います。提出の際には、届出人の印鑑及び身分証が必要となります。死亡届の提出先は、一般的には故人の死亡地の市町村役場ですが、故人の本籍地や届出人の住所地の市町村役場でも可能です。

(2)死体埋(火)葬許可証交付申請
故人を火葬するためには、火葬場で死体埋(火)葬許可証を提出することが必要です。死亡届が受理された際に、死体埋(火)葬許可証の交付を申請します。火葬後に火葬済みであるとの証印を押した死体埋(火)葬許可証が返却されます。

(3)葬儀社を利用する場合
葬儀社を利用する場合、死亡届の提出、死体埋(火)葬許可証交付申請、火葬場への死体埋(火)葬許可証の提出は、葬儀社が親族の代わりに行うことが一般的です。

(4)住民異動届出(世帯主の変更)の提出
故人が、住民票の世帯主であった場合、世帯主が代わります。(死亡の結果、単身の世帯となる場合を除き)死亡の日から14日以内に、住所地の市区町村役場に、世帯主変更届を提出します。

(5)納骨
一般的には、四十九日の法要の際に墓地に納骨を行います。死体埋(火)葬許可証は、納骨の際に必要となりますので、大事に保管しておきます。

 

 

Copyright©わかる相続 All Rights Reserved.