<<  10-2-2 遺言執行者の任務
10全表示
10-3-2 遺贈 >>

 

 

    文字サイズ変更

  • 小サイズ
  • 中サイズ
  • 大サイズ

 

10-3-1 遺言事項


(1)遺言事項とは
遺言書の内容とすることができる事項を「遺言事項」といいます。

(2)一般的な遺言事項
一般的に遺言書で用いられる遺言事項には、次のようなものがあります。

①相続分の指定
法定相続分と異なる相続分を指定することができます(民法902条)。
例)相続財産を、妻、長男、次男に3分の1ずつ相続させる。
詳しくは、該当する項目(【相続分の指定】)をご覧下さい。

②遺産分割方法の指定
特定の財産を特定の相続人に相続させることができます。
例)相続財産のうち、自宅は妻に相続させ、預貯金は長男に相続させる。
詳しくは、該当する項目(【遺産分割方法の指定】)をご覧下さい。

③遺贈
遺言により第三者に相続財産の一部または全部を無償で与えることができます(民法964条)。詳しくは、該当する項目(【遺贈】)をご覧下さい。

④遺言執行者の指定
遺言執行者を指定します(民法1006条)。

(3)その他の遺言事項
上記以外の遺言事項の説明については、【遺言書の内容】をご覧下さい。



 

Copyright©わかる相続 All Rights Reserved.