11全表示
11-2 不動産の名義変更 >>

 

 

    文字サイズ変更

  • 小サイズ
  • 中サイズ
  • 大サイズ

 

11-1 相続財産の名義変更


(1)名義変更の手続
不動産、預貯金など、相続財産の多くは何らかの名義変更の手続を必要とします。必要な手続は財産の種類によって異なります。


(2)名義変更の必要な相続財産
名義変更の必要な相続財産は、①不動産(【不動産の名義変更】)、②預貯金(【預貯金の名義変更・解約】)、③有価証券(【有価証券の名義変更】)、④ゴルフ会員権(【ゴルフ会員権の名義変更】)、⑤墓地の利用権(【墓地の名義変更】)などです。それぞれについて、項目を分けて説明します。

(3)名義変更手続を行う人
名義変更手続は、名義変更の対象となる財産を相続した人が行います。ただし、遺贈の場合は、遺言執行者(遺言執行者がいない場合は相続人全員)と受贈者が共同で行う必要があります。

(4)名義変更のタイミング
名義変更のタイミングは、(相続人が1人の場合を除き)遺産分割が行われた後になります。相続人が1人の場合は、相続開始後すぐに始められます。

(5)戸籍謄本と住民票
名義書換の手続には、通常、戸籍謄本や住民票の提出が必要となります。
必要な戸籍謄本や名義書換については、別の章(【戸籍謄本と住民票の取得】)でご説明します。

(6)専門家の利用
名義変更手続は、弁護士などの専門家を代理人として行うことがあります。不動産や預貯金の名義変更・解約手続を、戸籍謄本の取得や、遺産分割協議書の作成などとともに専門家に依頼することにより、慣れない作業のストレスから解放されることができます。

名義変更手続についてのご相談は
こちらへどうぞ
  click



 

Copyright©わかる相続 All Rights Reserved.