<<  11-2 不動産の名義変更
11全表示
11-4 有価証券の名義変更 >>

 

 

    文字サイズ変更

  • 小サイズ
  • 中サイズ
  • 大サイズ

 

11-3 預貯金の名義変更・解約


(1)名義変更と解約
預貯金を相続した場合、名義変更ないし解約を行います。定期預金の場合、名義変更を行った方が、利息の面で有利です。もっとも、金融機関により、解約のみが可能な場合もあります。

(2)手続に必要な書類
金融機関は、通常、①遺産分割に基づく場合、②遺言に基づく場合のほか、③相続人全員の同意がある場合には、預貯金の名義変更・解約の手続に応じてくれます。
それぞれの場合について、一般的に必要な書類をチェックリストにまとめましたので、ご利用下さい。なお、必要書類は金融機関ごとに若干異なる場合があります。
チェックリスト
【預貯金の名義変更・解約必要書類】クリックでファイルダウンロードできます。PDF形式58k)


(3)手続の進行
相続の手続は、戸籍謄本の確認など通常の銀行業務とは異なる作業が必要とされるため、多くの金融機関では、事務センターないし本部で集中的に管理を行っています。また、必要な書類も、上記の銀行の例の通り、さまざまな事情により異なっています。
従って、相続の手続は、一般的に、以下のような段階を踏みます。
STEP① 相続発生の通知

支店窓口に行き、相続が発生した旨を知らせます。

通常、どこの支店でも(通帳に記載された支店でなくても)構いません。銀行には通帳と(もし見つかっていれば)キャッシュカードを持って行きます。その場で相続届の用紙を受け取ります。銀行が遠方の場合は、電話で伝えても構いません。

STEP② 相続届の提出

所定の相続届に記入し、窓口に提出します。ゆうちょ銀行のように、インターネットから相続届をダウンロードできる場合もあります。その場合は、あらかじめ記入してから通帳と一緒に窓口に持って行くと、手間が少なくて済みます。

STEP③ 必要書類の連絡

1~2週間後、集中処理センター等から必要書類の連絡があります。

STEP④ 必要書類の提出

指示のあった書類を窓口で提出し(あるいは集中処理センター宛に郵送し)、口座の解約ないし名義書換を受けます。



(4)簡易な手続

金融機関によっては、預貯金の額が少額(100万円程度)の場合、相続人全員を確定するための戸籍謄本の提出を省略するなど、簡易な手続が定められている場合があります。




 

Copyright©わかる相続 All Rights Reserved.