<< 12-1-1 相続税のあらまし 
12全表示
12-2-1 相続税申告に必要な資料の収集 >>

 

 

    文字サイズ変更

  • 小サイズ
  • 中サイズ
  • 大サイズ

 

12-1-2 基礎控除


(1)基礎控除
相続税は、正味の遺産額が一定の金額に達するまでは、課税されません。この一定の金額を基礎控除額といいます。
相続税が課税される場合も、相続税は、正味の遺産額から基礎控除額を差し引いた金額(これを「課税遺産総額」といいます。)に対してのみ課税されます。


(2)基礎控除額の計算方法
基礎控除額は相続人の人数によって異なり、その計算は次の算式に従って行います。
5,000万円+1,000万円×法定相続人の数


(3)具体例



① 家族の紹介
良太郎さんと和子さん夫婦には、

長男の太郎さんと
二男の次郎さんがいます
4-2-4a



② 良太郎さんの遺産分割
高齢により、ある日良太郎さんが亡くなりました。
良太郎さんの相続について、基礎控除額はいくらになるでしょうか。
4-2-4a


結論良太郎さんの相続について、基礎控除額は8,000万円です。


解説 良太郎さんの法定相続人は、和子さん、太郎さん、次郎さんの3人です。
相続人が3人の場合、基礎控除額は、5,000万円+1,000万円×3人=8,000万円です。 

仮に良太郎さんの正味の遺産額が1億円の場合には、基礎控除額8,000万円を超えるため、相続税の申告が必要になります。仮に正味の遺産額が6,000万円の場合には、基礎控除額を下回るため、相続税の申告は不要です。


(4)基礎控除額の引下げ(平成25年度税制改正)
平成25年度税制改正により、基礎控除額を引き下げる(相続税が増税される)税制改正が行われます。平成27年1月1日以降に相続が発生した場合、基礎控除額の計算は次のように行います。
3,000万円+600万円×法定相続人の数


(5)具体例(平成27年1月1日以降の相続の場合)
上記(4)の具体例と同じ例で、良太郎さんが平成27年1月1日以降に亡くなった場合、基礎控除額はいくらになるでしょうか。


結論平成27年1月1日以降、良太郎さんの相続について、基礎控除額は4,800万円となります。


解説
相続人が3人の相続では、平成27年1月1日以降、基礎控除額は、3,000万円+6,000万円×3人=4,800万円になります。
仮に、良太郎さんの正味の遺産額が6,000万円の場合、相続税の改正前では基礎控除8,000万円を下回るため相続税の申告は不要でした。しかし、相続税改正後には、正味の遺産額が基礎控除額4,800万円を上回るため、相続税の申告が必要になります。
このように、相続税の改正前では相続税の申告の必要のなかった方も、相続税改正後には、相続税の申告が必要な場合があります。



 

Copyright©わかる相続 All Rights Reserved.