<< 12-2-1 相続税申告に必要な資料の収集 
12全表示
12-2-3 現金と預貯金について >>

 

 

    文字サイズ変更

  • 小サイズ
  • 中サイズ
  • 大サイズ

 

12-2-2 不動産について

(1)土地について
土地の権利関係や、面積、形、利用状況を確認するために、次の資料を用意します。

①登記簿謄本
不動産の権利関係について知るためです。
登記簿謄本は、管轄法務局で入手することができます(【不動産の調査】)。

②固定資産税納税通知書
不動産の固定資産税評価額を知るためです。
固定資産税納税通知書は、毎年6月頃に市区町村役場(東京23区の場合は都税事務所)から送付されてきます。

③固定資産評価証明書
不動産の固定資産税評価額を知るためです。
固定資産評価証明書は、市区町村役場(東京23区の場合は都税事務所)で入手することができます(【不動産の調査】)。
なお、固定資産税通知書があれば、不動産の固定資産税評価額を知ることができますが、いずれ相続の登記を行う際に、必ず固定資産評価証明書が必要となります。

④公図、測量図
土地の形状を知るためです。公図は法務局に登記簿謄本とともに備え付けられています。

⑤住宅地図
不動産のおおよその場所を知るためです。

⑥賃貸借契約書(賃貸借の対象となっている土地の場合)
土地の賃借権について知るためです。


(2)建物等について
建物の権利関係や利用状況を確認するために、次の資料を用意します。

①登記簿謄本
不動産の権利関係について知るためです。
登記簿謄本は、管轄法務局で入手することができます(【不動産の調査】)。

②固定資産評価証明書
不動産の固定資産税評価額を知るためです。
固定資産税納税通知書は、毎年6月頃に市区町村役場(東京23区の場合は都税事務所)から送付されてきます。

③固定資産評価証明書
不動産の固定資産税評価額を知るためです。
固定資産評価証明書は、市区町村役場(東京23区の場合は都税事務所)で入手することができます(【不動産の調査】)。
なお、固定資産税通知書があれば、不動産の固定資産税評価額を知ることができますが、いずれ相続の登記を行う際に、必ず固定資産評価証明書が必要となります。

④賃貸借契約書(賃貸借の対象となっている建物の場合)
建物の賃借権について知るためです。




 

Copyright©わかる相続 All Rights Reserved.