<< 12-2-5 その他の財産について 
12全表示
12-2-7 生前贈与があったとき >>

 

 

    文字サイズ変更

  • 小サイズ
  • 中サイズ
  • 大サイズ

 

12-2-6 生命保険金と死亡退職金について


(1)みなし相続財産
生命保険の保険金請求権も、死亡退職金も、相続財産ではありませんが、相続税法上は、相続財産とみなされます 。
なお、これら相続財産とみなされる財産を一般に「みなし相続財産」と呼びます。


(2)死亡保険金
被相続人が加入していた生命保険について次の資料を用意します。
① 保険証券
② 支払通知書
なお、被相続人以外の方が保険契約者の場合であっても、被相続人が実際の保険料の支払いを行っていた場合には、みなし相続財産となるため留意が必要です。  


(3)死亡退職金
被相続人が死亡により会社を退職した場合、勤務先の会社から
① 支払明細書
を入手します。



 

Copyright©わかる相続 All Rights Reserved.