<< 12-2-6 生命保険金と死亡退職金について 
12全表示
12-2-8 相続債務と葬儀費用について >>

 

 

    文字サイズ変更

  • 小サイズ
  • 中サイズ
  • 大サイズ

 

12-2-7 生前贈与があったとき


(1)生前贈与財産加算
被相続人が生前贈与を行っていた場合、次の資料を用意します。

①贈与税申告書(過去3年分)
被相続人の死亡の日から過去3年間に行われた贈与は、贈与者が死亡した場合、特別な取扱いがなされるからです(【課税遺産総額の計算】)。

②贈与契約書
被相続人から第三者(特に相続人)への財産権の移転の根拠を確認するためです。


(2)相続時精算課税財産
被相続人の生前に相続時精算課税制度(【リンク予定】)を利用していた場合、次の資料を用意します。
①贈与税申告書(相続時精算課税制度の選択年以後)
②贈与契約書
③相続時精算課税制度選択届出書




 

Copyright©わかる相続 All Rights Reserved.