<<12-3-2 課税遺産総額の計算(STEP1) 
12全表示
12-3-4 各相続人の相続税額の計算(STEP3)>>

 

 

    文字サイズ変更

  • 小サイズ
  • 中サイズ
  • 大サイズ

 

12-3-3 相続税の総額の計算(STEP2)


(1)相続税の総額の計算
相続税の総額は、次の手順で計算します。

手順① 課税遺産総額の計算
課税遺産総額を法定相続人全員に法定相続割合に従って分配したと仮定して相続人各人の取得価格を計算します。

手順② 相続人各人の仮の相続税額の計算
相続人各人の取得価格に相続税の税率を掛け合わせ、相続人それぞれについて仮の相続税額を計算します。

手順③ 相続税総額の計算
相続人各人の仮の相続税額を合計し、相続税の総額を計算します。

つまり、相続税の総額は、相続人全員が法定相続分に従って相続したと仮定して、それぞれの相続人が負担する相続税の額をすべて足したもの、ということになります。
このように、相続税の総額は、実際に誰がいくら相続したかとは、関係なく決まります。


(2)具体例



① 家族の紹介
良太郎さんと和子さん夫婦には、
長男の太郎さんと
二男の次郎さんがいます
4-2-4a



② 良太郎さんの相続
高齢により、ある日良太郎さんが亡くなりました。
良太郎さんが亡くなった時、良太郎さんの財産は預金3億円でした。
良太郎さんの相続について相続税の総額はいくらになるでしょうか。
4-2-4a


手順① 課税遺産総額の計算
遺産総額(3億円)−基礎控除額(4,800万円)=課税遺産総額 2億5200万円

※基礎控除額 は、3000万円+600万円×相続人3人=4800万円です。


手順② 相続人各人の仮の相続税額の計算
(i)まず、課税遺産総額を法定相続人全員に対して法定相続割合に従って割り付け、相続人それぞれの取得価格を計算します。
※相続税を計算するために、実際の相続による取得割合とは関わりなく計算します。

和子さんの取得価格・・・・ 2億5200万円×1/2(法定相続分)=1億2600万円
太郎さんの取得価格・・・・ 2億5200万円×1/4(法定相続分)= 6300万円
次郎さんの取得価格・・・・ 2億5200万円×1/4(法定相続分)= 6300万円


(ii)次に、各人の取得価格から、それぞれの仮の相続税額を計算します。
和子さんの仮の相続税額 ・・・・1億2600万円×40%-1700万円=3340万円
太郎さんの仮の相続税額 ・・・・ 6300万円×30%- 700万円=1190万円
次郎さんの仮の相続税額 ・・・・ 6300万円×30%- 700万円=1190万円


相続税の税率は、各人の取得価格に応じて、次の税率が適用されます。

相続税の速算表

課税標準 税率 控除額
1,000万円以下 10%
3,000万円以下 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
3億円以下 40% 1,700万円
3億円超 50% 4,700万円

手順③ 相続税総額の計算
最後に、手順②で計算した相続税額を合計します。
和子さんの仮の相続税額(3340万円)

太郎さんの仮の相続税額(1190万円)

次郎さんの仮の相続税額(1190万円)

相続税額の総額(5720万円)



 

Copyright©わかる相続 All Rights Reserved.