<<12-4-5 借地権の評価 
12全表示
12-4-7 預貯金の評価>>

 

 

    文字サイズ変更

  • 小サイズ
  • 中サイズ
  • 大サイズ

 

12-4-6 建物の評価


(1)建物の評価
相続財産のうち建物については、原則として固定資産税評価額により評価します。

固定資産税評価額とは、建物のある市区町村が固定資産税を課税するために算出している建物の評価額をいいます。

固定資産税評価額は、建物のある市区町村から毎年4月ごろに送付される固定資産税の納税通知書に記載があるほか、固定資産税の評価証明書を建物のある市区町村の固定資産税課の窓口で請求することでも知ることができます(【不動産の調査】)。


(2)賃貸中の建物
建物のうち他人に賃貸借しているものは、固定資産税評価額×0.7が相続税評価額になります。例えば、固定資産税評価額が3000万円の建物の相続税評価は、2100万円になります。
賃貸借している場合に0.7をかけることで、自分で使っている場合に比べて30%減額するのは、借りている人の権利(借家権)を評価にあたって考慮するためです。

賃貸建物の相続税評価額=固定資産税評価額×0.7




 

Copyright©わかる相続 All Rights Reserved.