<<12-4-6 建物の評価 
12全表示
12-4-8 上場株式の評価>>

 

 

    文字サイズ変更

  • 小サイズ
  • 中サイズ
  • 大サイズ

 

12-4-7 預貯金の評価


(1)預貯金の評価
預貯金は、相続発生日の預入高を基本としますが、通常、預入の日から相続発生日までに利息が発生しているので、預入高に既経過利子(相続発生日までに発生した利息(ただし源泉後の額))の額を加算する必要があります。従って、預貯金の評価額は以下の式の通りとなります。

預入髙 + 既経過利子の額 - 源泉所得税相当額 = 評価額

 




 

Copyright©わかる相続 All Rights Reserved.