<< 2-1 現金の管理
2全表示
 

 

 

    文字サイズ変更

  • 小サイズ
  • 中サイズ
  • 大サイズ

2-2 預貯金の管理

 

(1)通帳などの管理
故人の通帳やキャッシュカードは、十分注意して管理を行います。

(2)口座の凍結
高齢者のご家族の方が、ご本人から通帳を預かり、預貯金を事実上管理していることがよくあります。そのような場合、預金者本人の死亡後は、もはや本人の代理人として預貯金を下ろす権限はなくなります。
金融機関に被相続人が亡くなったことを連絡すると、ただちに口座が凍結されます。これは、不正な引き出しを未然に防止するための措置です。その結果、引き出し、引き落としは勿論、入金もできなくなります。
よく、口座の凍結から生じる不便への対策として、預金者の死亡前後に家族の方が預貯金をまとめて下ろすことがあります。しかし、相続人が預金者の死亡後に預貯金を下ろして自分のために費消した場合、相続の放棄や限定承認はできなくなります【法定単純承認】)ので、注意が必要です。

(3)口座の調査と名義変更・解約
相続人の預貯金口座を調査したい場合(【預貯金の調査】)、預貯金の名義変更や解約を行う場合(【預貯金の名義変更・解約】)については、それぞれ別にご説明します。


 

 

Copyright©わかる相続 All Rights Reserved.