<<  4-1-1法定相続人
4全表示
4-2-2法定相続分 >>

 

 

    文字サイズ変更

  • 小サイズ
  • 中サイズ
  • 大サイズ

4-2-1法定相続人

 

(1)法定相続人とは

法律の定めに従って、相続人となる資格のある人を「法定相続人」といいます。


(2)法定相続人となる人

法定相続人となるのは、被相続人から見て以下の関係にある人で、かつ相続の開始時(すなわち被相続人の死亡時)に生存していた人です。


①配偶者相続人(夫又は妻) 
順位はなく、必ず相続人になります。
②血族相続人
第1順位 直系卑属(子、孫など)
第2順位 直系尊属(父母、祖父母など)
第3順位 兄弟姉妹、甥・姪

 

「直系卑属」とは、子、孫、曾孫(ひ孫)、玄孫(やしゃご)など、直系の子孫をいいます。
「直系尊属」とは、父母、祖父母、曾祖父母、高祖父母など、直系の祖先をいいます。
これら相続人となることができる人が1人もいない場合は、相続人がいないことになります。この場合の取扱いについては、【相続財産管理人の選任】で説明します。


(3)血族相続人の順位

上記の通り、血族相続人には順位があります。 第1順位から第3順位までの中で、相続開始時に生存している最も高い順位に属する人だけが、法定相続人となることができます。
従って、相続人は、次のように決定されます。
① 直系卑属がいる場合は、無条件に相続人となります。
② 直系尊属は、直系卑属が1人もいない場合のみ相続人となります。
③ 兄弟姉妹は、直系卑属も、直系尊属も、ともに1人もいない場合のみ相続人となります。

同じ順位の人が複数いる場合は、全員が法定相続人になります。

 

(4)具体例




① 家族の紹介
良太郎さんと和子さん夫婦には、
長男の太郎さんと
二男の次郎さんがいます。
太郎さんと花子さん夫婦には、
長男の小太郎さんがいます。
4-2-4a



② 太郎さんの遺産分割
太郎さんが思いがけず病気で亡くなりました。
これから太郎さんの遺産分割協議をします。
遺産分割協議の当事者となるのは、法定相続人です。
従って、まず誰が法定相続人となるのかが問題となります。
4-2-4a

 

結  論
太郎さんの法定相続人は以下の通りとなります。
①花子さん(配偶者相続人)
②小太郎さん(第一順位の血族相続人)

 

解  説
配偶者である花子さんは必ず法定相続人になります。
直系卑属(第一順位)である小太郎さんも法定相続人になります。
良太郎さん、和子さん(直系尊属)(第二順位)は、相続開始時に小太郎さん(第一順位)が生存しているため、法定相続人にはなりません。

次郎さん(兄弟姉妹) (第三順位)は、相続開始時に第一順位の小太郎さんが生存しているため、法定相続人にはなりません。

 

Copyright©わかる相続 All Rights Reserved.