<<  9-1-1 遺産分割のあらまし
9全表示
9-1-3 遺産分割の基準 >>

 

 

    文字サイズ変更

  • 小サイズ
  • 中サイズ
  • 大サイズ

 

9-1-2 遺産分割の基準

 

Q. 質問者 遺産分割を行うときは、何を基準にすれば良いのでしょうか。

     
A. bengoshi 相続人は、全員の合意により、自由に遺産分割を行うことができますが、相続分が一応の目安となります。
なぜなら、最終的に合意ができず、裁判所の審判により遺産分割を行う場合は、基本的には相続分によることとなるからです。


(1)相続分とは
相続人の間における相続財産の承継割合を「相続分」といいます。
相続分には、法定相続分具体的相続分があります。

(2)法定相続分とは
民法の定めに従い法定相続人のそれぞれが取得する相続財産の割合を「法定相続分」といいます。法定相続分については、【法定相続分】で詳しく説明します。

(3)具体的相続分とは
相続人の相続分は、法定相続分が基本となります。しかし、実際の相続分は、必ずしも法定相続分通りではなく、相続人間の公平を図る見地から、特別受益寄与分による調整が必要となる場合があります。
これらの調整を行った後の相続分を「具体的相続分」と呼び、具体的相続分が最終的に相続財産を分配するときの基準となります。特別受益については【特別受益】で、寄与分については【寄与分】で、それぞれ詳しく説明します。



 

Copyright©わかる相続 All Rights Reserved.