<< Q9.遺言書を作る時の注意点
遺言全表示
Q11.遺言書はいつ作成するのか >>

 

 

    文字サイズ変更

  • 小サイズ
  • 中サイズ
  • 大サイズ

 

Q10. 専門家に依頼するメリット

Q. 質問者 遺言書を作成する際に専門家に依頼するメリットを教えて下さい。

     
A. bengoshi メリットは大きく分けて2つあります。

 

①遺言書の内容についてじっくりと相談できる。
既に作成したい遺言の内容がはっきり決まっていて、誰のアドバイスも必要としないのであれば、遺言者が直接公証役場に赴いて公正証書遺言を作成することも可能です。しかし、遺言の内容について、よく検討したい点や、心配な点がある場合には、まず専門家(弁護士など)に相談することをお勧めします。

②専門家に遺言執行者になることを依頼できる。
遺言執行を行う役割を負った人を「遺言執行者」と言います(【遺言執行と遺言執行者】)。遺言執行者は、通常、遺言書により指定します。遺言書の作成に弁護士、司法書士、税理士などの専門家が関与するときは、多くの場合その専門家が遺言執行者として指定されます。
その理由は、主に次の通りです。
(a)遺言執行者は、民法の定めに従い財産目録などの書類を作成する義務を負うため、専門家でない方にとって荷が重い
(b)相続人ではなく中立的な第三者が遺言執行者となることが、遺言の執行に関する相続人の不満や争いを未然に防ぐことに役立つ

遺言書を作成する際に専門家に依頼する利点は以上の通りです。



 

 

Copyright©わかる相続 All Rights Reserved.