<< Q1.相続で争いのおきやすい場合
遺言全表示
Q3.遺言書の作り方 >>

 

 

    文字サイズ変更

  • 小サイズ
  • 中サイズ
  • 大サイズ

 

Q2. 相続による争いを防ぐには

Q. 質問者 相続による争いを防ぐにはどうしたら良いのでしょうか。

     
A. bengoshi 遺言書を作成することが最も効果的です。

 

(1)遺言書による相続対策
遺言書を作成することにより、誰がどの相続財産を承継するのか、予め決めておくことができます。
有効な遺言書が作成された場合、原則として、相続財産は遺言書の通りに分配されるため、遺産分割協議を行う必要がありません。従って、遺産分割による争いが発生する余地がなくなります。

(2)遺言書が存在しない場合
遺言書が存在しない場合、相続財産の分配は、相続人全員の合意により定まります。すなわち、相続人の一人でも合意しない場合は、遺産分割協議がまとまりません。一度話し合いがこじれた場合、話を進めるために格段に多くの労力と時間を費やすことになります。従って、トラブルの種が見えている場合は、必ず対策をしておくことが後に残される相続人のためになります。

(3)専門家への相談
遺言書の作成や生前贈与など、相続対策を行う際は、専門家のアドバイスを受け、正しい知識のもとに行って下さい。
専門家ではない方が、自分の判断や近所の人から聞いた話をもとに相続対策を立てると、間違った対策を行う可能性があります。
例えば、遺言書を作成する代わりに、相続人となる予定の方の間で相続について合意書を作成している方を見かけることがあります。
しかし、そのような合意書には遺産分割協議書と同等の効力はないものと考えられます。従って、相続人が翻意した場合は、合意書は役に立たない可能性が高いため注意が必要です。

(4)遺言書の種類
遺言書には、公正証書遺言自筆証書遺言とがあります。それぞれの遺言書の作成方法について、別途詳しく説明します。


 

 

Copyright©わかる相続 All Rights Reserved.