<< Q6.公正証書遺言と自筆証書遺言の比較
遺言全表示
Q8.遺言書の内容 >>

 

 

    文字サイズ変更

  • 小サイズ
  • 中サイズ
  • 大サイズ

 

Q7. 本人が認知症の場合

Q. 質問者 本人が認知症の場合でも、遺言書を作成することはできるのでしょうか。

     
A. bengoshi 認知症の程度によります。まずは専門家にご相談ください。

 

(1)遺言能
遺言者が、認知症である場合、遺言能力の有無が問題となります。 遺言能力とは、遺言者が、「遺言の意味、内容、効果を理解する能力」をいいます。 遺言書の作成時に遺言者に遺言能力がない場合、遺言は無効となります。

(2)遺言能力の有無の判断
遺言能力の有無は、主に認知症の程度により異なります。認知症であっても、軽度であれば、通常は、遺言能力があると考えられています。逆に、高度であると、遺言能力が否定されやすい傾向にあります。

(3)認知症の程度
認知症の程度を知る方法として代表的なのが、「長谷川式簡易知能評価スケール」(略称:長谷川式スケールテスト)と呼ばれる方法です。 【認知症の治療薬の解説サイト(エーザイ株式会社)】を参考にして下さい。

(4)認知症の場合の遺言書の作成

認知症の治療歴のある方が遺言書を作成する場合は、認知症の程度にかかわらず、遺言書の有効性を確保するための方法について検討を行う必要があります。遺言者となる方が認知症にかかっている場合、認知症が進行する前に、急いで弁護士に相談することをお勧めします。



 

 

Copyright©わかる相続 All Rights Reserved.